国家公務員共済組合連合会 舞鶴共済病院
   日本医療機能評価機構 認定病院  地域医療支援病院認定施設

0773-62-2510



一般外来受付時間/午前8:30~11:30  
休診日 /土曜・日曜・祝日(急患対応あり)

お問い合わせ

0773-62-2510

  • 外来受診される方
  • 入院される方お見舞いの方
  • 医療連携
  • 初期後期研修について
  • 病院見学希望の方

診療科・部門紹介

感染管理室


ホーム > 診療科・部門紹介 > 感染管理室

院内感染対策指針

1.院内感染対策に関する基本的な考え方

院内感染対策の目的は、患者さん・職員・国家公務員共済組合連合会 舞鶴共済病院を訪れるすべての人々へ感染症の危険を及ぼさない安全な医療環境を提供することにある。院内で発生する感染症についての対策は、以下の基本理念をもとに策定する。

1)衛生的な院内療養環境の提供
2)良質で安全・安心な医療サービスの提供
3)院内感染症発生の予防と早期発見
4)伝播経路の早期遮断
5)適切な抗菌薬処方の推進
6)エビデンスに基づいた適切な判断
7)院内感染症の原因分析と職員教育への反映
8)院内の他の関連する委員会、および行政機関との緊密な連携

2.院内感染対策のための組織に関する基本的事項方

1)院内感染対策委員会(Infection Control Committee:ICC)の設置
2)院内感染対策チーム(Infection Control Team:ICT)の設置
3)リンクナース会の設置

 各委員会の詳細については、国家公務員共済組合連合会 舞鶴共済病院 院内感染対策マニュアル内規に定める。

3.院内感染対策のための職員に対する研修に関する基本方針

委員会で立案した感染対策が、適切に遵守され実施されるために、職員に対する院内感染対策のための研修を開催し周知徹底を図る。また、個々の職員の院内感染に対する意識を高め、業務を遂行する上での技能やチームの一員としての意識の向上を図るように努める。

4.感染症の発生状況の報告に関する基本方針

院内感染症発生状況の報告は、解決すべき優先度が高い事項を中心に継続的に実施し、定期的に関係者へ連絡する。

5.院内感染発生時の対応に関する基本方針

院内感染発生時は、感染症患者さんの安全を第一に考慮し、適切な治療が受けられるように診療支援に努める。また、必要に応じて関連する曝露者および職員への感染症伝播を予防するための適切な措置を講じる。

6.患者等に対する当院の院内感染対策指針の閲覧に関する基本事項

本指針は、患者さんおよびご家族だけでなく、広く一般に閲覧できるように病院ホームページで公開する。また、必要に応じて患者さんご本人およびご家族へ院内感染対策について説明し、理解と協力を求める。

7.その他、院内感染対策の推進のために必要な基本方針

ICTはICCで定める「院内感染対策マニュアル ICTの活動内容」に基づき、感染防止対策に関わる具体的業務を行う。職員は、国家公務員共済組合連合会 舞鶴共済病院 院内感染対策マニュアルに基づいて手指衛生の徹底など、常に感染防止対策に努める。



関連施設

すこやかの森は、家庭や地域との結びつきを大切に、介護を必要とするお年寄りの自立を支援し、家庭復帰を目指す施設です。

0773-62-2510

PAGE TOP