国家公務員共済組合連合会 舞鶴共済病院
   日本医療機能評価機構 認定病院  地域医療支援病院認定施設

0773-62-2510



一般外来受付時間/午前8:30~11:30  
休診日 /土曜・日曜・祝日(急患対応あり)

お問い合わせ

0773-62-2510

  • 外来受診される方
  • 入院される方お見舞いの方
  • 医療連携
  • 初期後期研修について
  • 病院見学希望の方

診療科・部門紹介

薬剤科


ホーム > 診療科・部門紹介 > 薬剤科

薬剤科

治療成績・実績

日本医療薬学会認定 『がん専門薬剤師研修施設』 (京都府北部1施設、府内7施設)

日本医療薬学会認定 『認定薬剤師研修施設』 (京都府北部2施設、府内6施設)

日本医療薬学会認定 『薬物療法専門薬剤師研修施設』 (京都府北部1施設、府内4施設)







認定資格取得状況(2016年4月現在)


日本医療薬学会認定薬剤師 5名(指導薬剤師4名)
抗菌化学療法認定薬剤師 1名
感染制御専門薬剤師 1名
実務実習指導薬剤師 2名
糖尿病療養指導士 1名
栄養サポートチーム専門療法士 1名
日本薬剤師研修センター認定薬剤師 2名

概要・特徴・モットー

薬剤科あいさつ   薬剤科部長 藤村 保夫

 舞鶴共済病院薬剤科の基本方針は、「薬の専門家として医薬品の適正使用に努める」ことにあります。当院の臨床業務の歴史は、TDMに始まり病棟医薬品管理、外来服薬指導と段階的に進めて行き、薬剤管理指導業務へと発展させ、現在は病棟薬剤業務実施加算も算定しています。言わば薬剤師が病棟に常駐し薬の管理を行うことが当院ではあたり前の姿になっています。したがって病棟スタッフの一員として医師・看護師との距離が非常に近いことが特徴であろうと自負しています。しかしながら病棟という医療の現場にいますと、我々を取り巻く環境が、非常に早く変化し、ぼやぼやしていると置いてきぼりにされそうだと常に感じます。決して楽な仕事ではありませんが、目の前の患者さんに「何ができるか」を問いかけ、 また「患者さんから学び、教わる」姿勢を常に持ち、医療の質の向上を目指す薬剤師業務を展開したいと考えています。

がん化学療法については専従薬剤師を配置し院内で行われる化学療法すべてにおいて薬剤師がかかわる体制を整え処方介入やレジメン作成に尽力しています。また、TDMにおいてもすべての血中濃度結果について投与設計を行っており、特に抗不整脈薬においては一般病院では扱うことはきわめてまれな高速液体クロマトグラフィー(HPLC)により即日測定、解析することにより迅速な処方設計に参画しています。そのほか、栄養サポートチームや院内感染対策チームにおいても中心的立場でかかわっており、チーム医療を実践しています。また、各科のカンファレンスには受け持ち薬剤師も参加し、医師の処方意図の理解、看護師との情報共有が図れていると考えています。このように医療の多くの場面で薬剤師が活躍できる環境の薬剤科です。 資格・学術面では京都府北部で唯一の日本医療薬学会認定『がん専門薬剤師 研修施設』であることを生かし、がん薬物療法に関わる業務の基礎知識・考え方および技術を修得し、がん医療に精通した『がん専門薬剤師』を目指せます。また、『薬の専門家』と呼ばれるにふさわしい、実力のある薬剤師の称号である『日本医療薬学会認定薬剤師』の取得も目指せます。また本年4月より『薬物療法専門薬剤師認定施設』にもなりました。入局後1年毎に薬剤師レベルを評価し個々のレベルに合わせたステップアップをスタッフ全員で共有して取り組んでいます。今春、新人3名が入局し現在13名の薬剤師となりました。人数的にはまだ十分ではありませんが、平均年齢33歳(平成28年4月現在)と若く、少数精鋭で活気あふれた薬剤科であり続けたいと考えています。

 未来ある若き薬剤師たちよ、疾患が理解でき、医師の処方意図がみえ、患者の状態が「薬」によって日々変化する「生の臨床」に直接かかわる仕事がここにあります。この環境の中で、薬剤師としての自分に何ができるか試してみませんか。そして自分の知識や努力が治療に生かされた時の喜び・やりがい、逆にそれでも死を迎えてしまった悲しみを感じてほしいと思います。その積み重ねがあってはじめて「薬の専門家である薬剤師」に成長するのではと考えます。

薬剤師業務




薬剤血中濃度測定業務

スタッフ 施設認定・関連病院・臨床試験


藤村 保夫  薬剤科 部長
資格 日本医療薬学会指導認定薬剤師、糖尿病療養指導士
担当 薬務

竹田 和也  薬剤科 科長
資格 日本医療薬学会指導認定薬剤師、感染制御専門薬剤師、実務実習指導薬剤師
担当 医薬品情報室

伊藤 公博  薬剤科 主任
資格 日本医療薬学会認定薬剤師、抗菌化学療法認定薬剤師、実務実習指導薬剤師
担当 外来化学療法センター

土下 喜正  薬剤科 主任
資格 日本医療薬学会指導認定薬剤師、薬学博士
担当 薬品管理

堀 哲史  薬剤科 主任
資格 日本医療薬学会認定薬剤師、栄養サポートチーム専門療法士
担当 病棟管理

多賀野 正嗣  薬剤科
資格
担当 病棟、製剤

足立 易子  薬剤科
資格
担当 病棟

澤井 健太  薬剤科
資格
担当 病棟

銭 瑶子  薬剤科
資格
担当 病棟

神谷 量子  薬剤科
資格
担当 病棟

浜田 凌介  薬剤科
資格
担当 病棟

播磨 弘樹  薬剤科
資格
担当 病棟

杉本 芙美  薬剤科
資格
担当 病棟

田野上 茜  調剤助手
資格
担当 物品管理

チーム医療への参画 (回診・委員会活動 etc...) ICT委員会、NST委員会 クリニカルパス委員会、化学療法評価委員会、褥瘡委員会、緩和ケア委員会など多数

薬剤科ヒストリー


臨床業務
1982年 TDM開始
1985年 病棟薬品管理開始
1987年 外来服薬指導開始
1990年 薬剤管理指導業務開始(皮膚科、内科)
1995年 無菌製剤調製開始(TPN製剤)
1998年

全面院外処方箋発行開始、全病棟対象に薬剤管理指導業務開始

2002年 TDM HPLCを導入し拡大
2004年 外来点滴センター業務開始(センターにて抗がん剤の調製開始)
2012年 病棟薬剤業務実施加算算定開始


関連施設

すこやかの森は、家庭や地域との結びつきを大切に、介護を必要とするお年寄りの自立を支援し、家庭復帰を目指す施設です。

0773-62-2510

PAGE TOP