国家公務員共済組合連合会 舞鶴共済病院
   日本医療機能評価機構 認定病院  地域医療支援病院認定施設

0773-62-2510



一般外来受付時間/午前8:30~11:30  
休診日 /土曜・日曜・祝日(急患対応あり)

お問い合わせ

0773-62-2510

  • 外来受診される方
  • 入院される方お見舞いの方
  • 医療連携
  • 初期後期研修について
  • 病院見学希望の方

病院の紹介

病院長 あいさつ


ホーム > 病院の紹介 > 病院長 あいさつ

病院長 挨拶 

病院長 挨拶 

病院長 布施 春樹



昨年はここ数年同様、激動の時代といってよいようです。国際的にも、イギリスのEU離脱から始まり、韓国の大統領問題、アメリカ合衆国の大統領選挙にそれぞれ想定外・予想外のことが起こり、今後の対応に関心が注がれています。また不安定な時代を象徴する、テロリズムによる事件がとどまることを知らないように頻発しています。報道によると1年で1万件の計画があるとされ、いつ身近で起こるかも知れないという、その現状に震撼させられる思いです。
国内では、リオ五輪における日本人選手の活躍に胸躍らせ、またノーベル賞も医学生理学賞に大隅教授が選ばれ、3年連続日本人の受賞と日本人として誇るべき年でありました。しかし、政治と金の問題は相変わらずマスコミを騒がしています。自然災害も多くありました。特に熊本地震は大きな被害を与え、3年前に共済学会の際訪れたあの熊本城の惨状は目を覆うものでした。また台風も昨年はたくさん上陸しました。そのため被害も昨年は特に多く、それぞれの被災された地域の一日も早い復興を祈るばかりです。

さて、医療情勢に目を向けると、昨年は診療報酬改定があり、大きな改定となりました。最も大きなものは、7:1看護体制の病棟における医療・看護必要度を15%から25%に引き上げたものでした。当院はこの改定に対応し、7対1看護体制を堅持するために、昨年10月より地域包括ケア病棟を立ち上げました。これによって当院の総病床数は310床から300床となりましたが、今後、より効率的な病棟利用のために地域包括ケア病棟が寄与するものと期待しています。
今年は2017年ですが、団塊の世代が後期高齢者になる2025年に向けて、京都府地域医療構想調整会議も当院が二次医療圏として属する中丹医療圏での提言がなされました。中丹医療地区は、福知山市、綾部市そして舞鶴市の3市で構成され、医療完結型の地域で流入・流出が少ない地域です。地域医療構想会議でも、現在の病床数で継続との提言がなされました。
当院は、ICU,CCUを保持する病院として高度急性期・急性期機能を有し、post-acute,sub-acute機能としての地域包括ケア病棟を運用し、今後も地域の急性期基幹病院としてその役割を果たしていくことになります。

この急性期基幹病院として機能する際に、最も問題となるのは、医師不足です。特に救急分野です。休日診療所は開設されましたが、現実に勤務医の負担改善まで効果的になっていません。各公的病院が、いろいろ問題を抱えながら、何とか救急体制を保っているのが現状です。根本的には公的病院の医師不足が大きな原因となっています。これまでも常に取り組んでいる問題ではありますが、一朝一夕には解決しません。一つには地方と都市部の医師偏在を何とか解決しなければいけません。当院としては、少なくともこれからも医師・研修医に選ばれる環境を整えていく必要があります。そのために正確な最新の情報を提供するためにホームページを最大限に活用していきます。これからも内科系を中心にした常勤医獲得にさまざまの方法で、さらに努力していく所存です。また他の公的病院とのさらにスムースな連携が必要と思われます。これは病院間での緊密な話し合いを継続していきます。
医療の質の向上としてのチーム医療の推進も、医療安全の確保の面でも積極的に進めていこうと思います。チーム医療を推進するためには、必要な正確な情報を共有し、職種間で十分なコミュニケーションをとることが必要です。またさらにその基本となるのは、診療部、看護部、事務部それぞれの部署で一人ひとりが「プロ意識をもって、それぞれの職務を全うすること」でレベルアップをしていくことです。このことで、チーム医療がより進化し、医療の質向上に寄与していくものと思います。そのためには各部署で、働きやすい職場環境を構築していくことが大変重要であることも強調させていただきます。
今後とも引き続き、「良質で、安心していただける医療を提供する」という理念のもと、舞鶴共済病院を地域の特徴ある病院に皆さんと一緒に作り上げていきたいと決意しております。

 舞鶴共済病院長  布施春樹

関連施設

すこやかの森は、家庭や地域との結びつきを大切に、介護を必要とするお年寄りの自立を支援し、家庭復帰を目指す施設です。

0773-62-2510

PAGE TOP